2008年07月30日

夏休みの宿題。

ただ今、こども達は夏休みです!
遊びたくてウキウキ&ワクワクです。

しかし!現実はそうはいきません。
宿題、自由研究、習い事などなど意外とやることいっぱいです。

さて、今日は宿題を先にやる子と後回しにする子について
すこし考えてみようと思います。


僕が子供の頃は休みの宿題は親にうるさく言われ
やっと休みの後半になんとか終わらせる。
という感じでした。


同世代のお父さんもウチの子が宿題やらなくて
困っているんだよね。
と、よく言っているのを耳にします。


一般的に子供は宿題をやるのが嫌いです。
イヤな事は後回しにします。
当然、始業式近くになって
あわてて、あせって、半泣きで
宿題をするはめになります。
そして親にとっても悩みのタネでしょう。


でも、一方で宿題を数日で終わらせ
有意義な休みを過ごす子供たちもたくさんいます。


この違いってナニ???と思うパパ、ママがいれば
是非参考にしてみてください。



私の人生のセンパイ Aさんいわく

子供が自分から勉強をするようになるには

それは・・・

ズバリ『親の関わり方』と教えられました。



具体的には

@やる気&その気にさせる。

A得することを理解させる。

B習慣化させる。



これだけで子供は変身します。マジです!

要するに、親次第という訳です。


ちなみに、我が家で実行したことは



@一緒に勉強し、問題が解けたらメチャメチャほめました。

こんな難しい問題できるなんてすごいじゃん!頭イイ〜!

前より早くできるようになったね!

すごいね○○ちゃん!どんどん頭よくなってるねー。

笑いも交えて、テンポよく、つまずいたらヒントをだし

間違っても怒らない!わかるまで、根気よく

できたらベタボメ作戦です。(笑)

できるようにするのではなく、その気にさせました。

子供は親がおだてると木に登ります!

そして、やる気になるのだと思います。



A宿題が早く終わると、おやつを食べたり

遊びに連れ出したり、DVDや興味のあることを

させました。

宿題早く終わると楽しいことイッパイできるね。とか言って。

宿題を早く済ませる=楽しいことが待っている。(得をする)

を生活の中で理解させました。



B休み前から宿題早く終わらせて楽しいことしようねー。

などと前振りをして夏・冬休みの前に子供の脳を

宿題を早く済ませる=楽しいことが待っている。(得をする)

これをリピートして、イメージさせました。


私たち夫婦がやったのはこれだけです。

これを習慣化させただけです。


今では

我が家のキッズ達は3日位で夏休みの宿題を終了させました。

宿題をやりなさいとは一言も言っていません。

自分たちで一気にやってしまいます。


先日、どうしてそんなにがんばるの?

もっとのんびりやればいいんじゃない?と質問すると

『だって後からやるの、めんどくさいじゃん!』

『先にやることやって、あとはゆっくり遊びたい!』

だそうです。

なるほど!そのとおり。



確かに、子供が問題を解けないとイラッとすることはあります。

でも、そこで怒ったり、バカじゃない?などと

罵声を浴びせては、子供はやる気になりません。

子供もつらいはずです。

親が我慢しなければなりません!!

子の責任は全て親にあると僕は考えています。

子は親の鏡です。

親の努力によって子は親の予想以上に成長すると

僕は信じています。

育児は忍耐と愛情をもってがんばりましょう!

私たち夫婦もがんばります!


長々と読んでいただき、ありがとうございました。

少しでも育児の参考になれば幸いです。
ラベル:夏休み、宿題
posted by kiiyan at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・育児教育系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。