2009年08月05日

救命病棟24時第4シリーズ

先ほど救命病棟24時をTVで見てました。

僕はこの番組の大ファンです。

いよいよ来週8月11日(火)21:00より

救命病棟24時第4シリーズがスタートします。

この番組の面白い所は、その時代の問題にスポットを当て

救命救急の立場から描いているところです。


来週の第4ステージでは

今TVや新聞でも問題になっている医師不足、病床不足、

救急車のたらい回し、コンビニ化する深夜の外来救命

モンスターペイシェント、医療ミス、医療裁判……。

こんな医療環境が崩壊状態にあることにスポットを当て

ストーリーが展開してゆきます。


これは単なるTVドラマではなく、私たちの生きてゆく上で

深刻に考えなければならない問題です。


もし、病院に医師が少なくなったら、子供が急病や怪我で

病院に搬送されても、診てくれる医師がいないわけです。

そのことで命に関わることがあれば病院、医師を

訴える気持ちになるでしょう。

しかし、医師側からすると一生懸命やっていても

医師は神様じゃないから救えない命もある。

それではやってられないと救命の科(外科など)ではなく

命を扱うことがすくない科(眼科・耳鼻科など)を希望する

医師が増えているのも確かな事実です。

この状況が続くと

病院に行けば病気を治してくれるという考えは成り立たなくなります。

まさに現在の医療現場ではその様なことが起きています。


国の問題、病院の問題、私達には関係ない。

そうではないはずです。

医療従事者の立場で、救命病棟24時を見ると

私達がこれから考えなければならない事を感じ取れると思います。

是非、皆さんも見てください。

オススメします。

またこの続きは書こうと思います。


↓よければポチお願いします
人気ブログランキングへ


posted by kiiyan at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。